アルトバン(HA36V)が欲しい!楽しく走れるのか徹底的に調べた結果

アルトバン

こんにちは、貧乏なガレージライフ満喫中のシャコ(syako_garage)です。

▽youtubeやってます▽

 

アルトバンが欲しい!

そう思ったのはつい最近です。

 

そもそも、以前の車(RX-8)を売りに出してからお金のかからない車を探し、最終的に軽自動車のマニュアル車がいいという結論に達しました。

走りや操作が楽しいおすすめマニュアル(MT)軽自動車|お金が無いけど車が欲しい!
軽自動車のマニュアル(MT)で程度がよく、走りも楽しめて手ごろな物を集めました。

 

その中でもアルトバンについてかなり調べたので、アルトバンがどれほど走りやカスタムに秀でているかを熱く語っていきたいと思います。

 

8代目アルトバン(HA36V)の魅力

アルトといえば、7代目のHA25や6代目のHA24でターゲットユーザーを女性に切り替えてきましたが、今回の8代目からはオールマイティな方に喜んでもらえる外観に進化しました。

スズキ

 

その中でも私たち車好きにはアルトワークスの復活が大ニュースでしたが、とても軽自動車としての価格に抑えられているものでなく、中古でも普通に100万円オーバーしてしまうのが悩みでした。

そんな中、アルトの中でも商用車ベースの「アルトバン」が脚光を浴びます。

軽い・回る・丈夫といった軽自動車とは思えないパワートレインやボディを持つので、カスタムしようとして非常に重宝される1台になっています。

 

●非常に次元の高い走りをする

商用車と思って侮るなかれ、基本はあのアルトワークスのベースモデル。

剛性の高いシャーシに加え、新設計のエンジン。

スズキ

さらに610kgと徹底したダイエットによりものすごくシャープネスな走りをします。

 

コーナーで多少のロールはありますが、ムーブやワゴンRのような腰砕け感はなく、ぜんぜん破綻しないのはお見事。

エンジンパワーが49馬力しかないからロールも抑えられてるんだと思うけど、それでもキビキビ走るので商用車とは思えないですね。

 

踏んでも踏んでも加速しないホンダのNAのライフとはえらい違いです。

 

●荷物がたくさん積める

荷物がたくさん積めるというのは無理やり褒めた言い方。

実際は「人が載せられず代わりに荷物がジャガジャガ積める」というのが正しい。

リアシートなんかゴミみたいな乗り心地なのでさっさと外してしまうのをおすすめします。

 

だから家族で乗る車として選んではダメ。

あくまでツーシーター、ワンシーターとして選んでください。

リアシートを外すと車両重量が600kgを割りますのであの初代ロータス340に近い重さ(580kg)になるんです。

 

超ピュアスポーツ並みに軽い仕上がりをたった80万円で手に入れられるのはまさに神。

 

●カスタムパーツが豊富

アルトバンはアルトワークスとボディサイズは同じなので、流用が可能です。

エンジン関係や吸排気は別物らしいので注意が必要ですが、ある程度は行けるとか。

パーツもバンのくせに結構あるのでカスタムとしても楽しめるんじゃないでしょうか。

 

ある意味全く手を入れてないので、自分でイジるのが好きな人はめちゃくちゃお勧めですよ。

新車で400万円するWRXをDIYでカスタムするのと、80万円のアルトバンをカスタムするのでは心の余裕が全然違いますよね。

 

●中古車が安い

アルトバンの一番のおすすめは中古車が安いということ。

1万キロ程度の車両が普通に40万円、50万円で売られています。

3万キロも走ればもう30万円の世界。

 

そしてこれが5AGSになれば価格はググっと下がって1万キロでも20万円代となります。

ヤバくないですか?

チューニングベース、サーキット仕様にするには最高ですよ。

 

アルトバンのここに注意!気になったところ、デメリット

  1. リアシートがゴミ
  2. 手動ウインドー
  3. 手動ミラー
  4. ラジオのみ
  5. スピーカーなし
  6. シガーソケットなし
  7. タコメーターなし
  8. 任意保険で使用者限定が使えない

 

装備としてはかなり端折られていますからね。

ある程度覚悟して購入することをおすすめします。

 

でもパワーウインドーとシガーライターは後付け可能なので問題ないです。

 

もちろん、スピーカーもタコメーターも後付け可能。

 

おすすめは、すでにカーナビがセットアップされてる中古車を買う事です。

そうすればスピーカーも必然的についてきますから。

 

任意保険については、商用車なので企業が不特定多数の人が使う前提で販売されています。

あなたしか運転しないとしても、保険で「本人のみ」は使えませんので保険料が上がってしまう場合もあるので注意です。

【ネットで買ったパーツを取り付けるのにお悩みのあなたに朗報!】

ネットで安くパーツを買っても自分で取り付けできない、大手カー用品店やディーラーには持ち込みは断られることってありますよね。

そんな時は車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などができる
【グーピット】
を活用するのがおすすめです。

グーピット(GooPit)は、カーパーツの取り付けやパーツ交換、車整備工場を検索できるサービスで、中古車探しで有名なグーネットから提供されていますので、安心して利用できます。

私もネットで買った車高調を近所の整備工場でたったの9,800円で取り付けしてもらいました!

お得にパーツを取り付けたいならグーピットの利用がおすすめです。

▽詳しくはこちら▽

【グーピット】ネットで安く買ったパーツを取り付けする整備工場を簡単に探す方法
インターネットでパーツを安く買ったのに取り付ける場所がない!そんなあなたにおすすめなのがグーピットです。無料で近くの整備工場を検索できる大変ありがたいサービスです。

 

Twitterでのアルトバン使用者の声

アルトバンの動画

タイトルとURLをコピーしました