ガレージの断熱はどうする?音が近所迷惑にならないように断熱材は入れました

ガレージ

ネットで安く買ったパーツ…どこで取り付けたらいいのか分からない!

私はよくネットでパーツを購入するのですが、安くパーツを買っても取り付けてくれる所がありません。

正規ディーラーへの持ち込みは断られますし、カー用品店やガソリンスタンドは作業工賃がかなり掛かってしまいます。

だから私は近所の整備工場にお願いをしています。

ガソリンスタンドではタイヤ4本の持ち込み交換工賃が16,500円と言われたのに、近所の整備工場ではたった6,600円で済みました。

安く買ったパーツの取り付けに困ったらまずは近所の整備工場を探すべきです。

地域密着の整備工場なのでお得に、素早く、丁寧に対応してくれますよ!

無料で近所の整備工場を探すことができます!

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

こんにちは、貧乏なガレージライフ満喫中のシャコ(syako_garage)です。

 

▽youtubeやってます▽

 

 

ガレージには基本的に断熱材は入りません。

通常、柱に沿って石膏ボードのみです。

理由はガレージは屋外扱いだから。

 

でもさすがに石膏ボードと外壁のみだと音が気になりますよね。

夜に作業したり、エンジン掛けた時の音です。


そんなわけで、私のガレージには断熱処理がしてあるんです。

 

ガレージの断熱処理の効果

ガレージの断熱処理によって気温はどう違うか?というと、そこまで変わりません。

そもそもガレージにはシャッターが巨大な範囲でついていますし、スキマもそこそこ開いています。

隙間風も入ってくるので、断熱処理しても暑さ・寒さはあまり変わりません。

こんなに隙間が空いてる

アップにするとこんな感じ

●防音効果

防音効果は結構あると思います。

そもそも最近の住宅は気密性が高く、外を走る車の音も分からないレベルですから。

 

もちろん、シャッターの開口部のせいで音漏れはしますが、断熱材が入ってるおかげで近所迷惑にならないレベルで音は出せます。

以前、深夜までガレージで友人の飲んで騒いでいたのですが、お隣さん(仲がいい)からは「気づかなかった」という声を頂きました。

 

夜に作業する場合は断熱材は効果的だと思いますね。

 

断熱材は何が良いの?

基本的に断熱材は3つに分かれ

  • グラスウール
  • ロックウール
  • ウレタンフォーム

がメインとなります(厳密にはもっと多いです。)

値段は上から順にだんだん高くなっていき、気密性は上から順にだんだん高くなっていきます。

 

ガレージの断熱は住宅の断熱と同じものを使用するので、どんな断熱材が使われているかを確認したほうが良いですね。

ちなみに私のガレージはウレタンフォーム(吹付断熱)です。

まとめ:ガレージに断熱材は欲しい

私はガレージには断熱材があったほうがいいと考えています。

騒音もそうですし、外気温の変化にもそこそこ耐えられるからです。

 

特に我々はマフラー交換をしている車に乗っていることが多いですし、ガレージでエンジンをかけて近所迷惑、または寝ている家族を起こしてしまうなんてことが無いようにしたいですもんね。

 

断熱材を入れても完全に断熱・防音をすることはできませんが、効果はありますので予算が許せば断熱材を入れるか、DIYでトライしてみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

動画やSNSもよろしくお願いします!

 

ガレージのおすすめ記事

【まとめ記事】夢のビルトインガレージを建てるまで
【ビルトインガレージ計画⑩】ビルトインガレージに住んで5年がたった感想
【ビルトインガレージ計画⑨】書斎から愛車眺める!狭い家に書斎を作る画期的な方法

「ガレージの記事」一覧>>>

 

タイトルとURLをコピーしました