【HA36V】アルトバンのドアのギシギシ音にはドアスタビライザーがいいらしい

アルトバン

車の買い替えは一括査定へ!

正規ディーラーでは20万円と言われたのですが、一括査定で見積もったらなんと60万円になりました!

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので安く買取額を提示されるんです。

無料、メールで、1分で愛車の査定が分かります!

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

こんにちは!

14年落ち・10万キロのRX-8がカーセンサーnetで60万円で売れたので、アルトバン(HA36V)を買って遊んでるシャコです。

YouTubeやってます!よかったらチャンネル登録おねがいします!

>ここからポチッとチャンネル登録<

 

ぼくの愛車はHA36vアルトバンですが、気に入らない部分が多々あります。

車両価格が安いから仕方ないのですが、走行時にドアがギシギシ・バタバタとうるさいんです。

もちろん、日本でいちばん安い軽自動車ですから、ある程度はしょうがないのですが、なんとかならないかな?と思っていろいろ検索しました。

そうすると、異音の原因はドアのウェザーストリップから出ているようで、ドアがギャップなど拾うとガタガタと音がするみたい。

それを解消する方法が「ドアスタビライザー」というパーツだそうです。

 

ドアスタビライザーってなに?

ドアスタビライザーは、ドアと車体の隙間を埋めてボディ剛性を高める、というパーツです。

一応アルトバンにはアイシン製のドアスタビライザーが出ているので、これを装着することでドアの異音は解消し、ボディ剛性も高くなるそうです。

ただこれ、ha36sアルトワークス用なんですよね。

実際にアルトバンとアルトワークスのドア形状を調べたんですが、本番は違いました(電動窓とクルクル窓だから当たり前ですが)

ただドアのキャッチの品番はいくら探しても出てこない。

たぶん同じだと思いますが、詳しい人いたらご連絡ください。

 

黒いパーツがスペーサーとなり、これが当たる事で隙間を埋めます。

車体側はスライド機構があり、スキマを埋めるようにできているのでドアのガタガタ音が軽減し、ドアパネルもボディ一体となり剛性が上がるらしい。

ステアリングのクイック性の向上

ボディ剛性が高くなれば、当然ステアリング捜査にも影響を与えます。

装着前に比べて、レスポンスが良くなるとか。

うーん、気になる。

でもね、ぼくがこれに手を出せない理由(デメリット)があるわけですよ。

 

デメリット

ぶっちゃけ、高いです。

1セット2個入りなので、後部ドアの事を考えると2セット必要。

1セット15,000円なので、3万円もかかります。

なるべくお金を掛けないことがモットーの僕としては、3マン出すならエアクリ買うぜ!ってなるのは当然の流れ。

恐らく、ドアスタビを買う事はないでしょう。

 

でも本当にドアのガタガタ音が気になって夜も眠れない人にはお勧めだと思います。

そんな人がいるのか分かりませんけど。

当然、自作するツワモノもいるわけで・・・w

みんカラ - 自作 ドアスタビライザーのキーワード検索結果一覧
『自作 ドアスタビライザー』に関する検索結果を表示しています。車・自動車情報サイト「みんカラ」のパーツレビュー、整備手帳、ブログ、クルマレビュー等の各コンテンツの豊富な情報の中から『自作 ドアスタビライザー』に関する情報を掲載しています。

 

ぼくもおそらくその内自作します。

 

現在の対策

3万円もドアスタビにお金を出せないので、とりあえず100均の「椅子滑らせシート」をドアの接触部分に張り付けて様子を見ています。

お値段たったの100円ですし、ガタガタ音は意外となくなったのでこのままでもいいんじゃねーか?って思うレベルです。

詳細はyoutubeをどうぞ。

まとめ

ドアのガタガタ音に悩んだら、アイシン製のドアスタビライザーがおすすめだそうです。

色々な人から、ガタガタ音が軽減され、さらにステアリングレスポンスの向上も感じられたという話を聞きます。

 

ただし、価格が高いので僕のカスタム選択には入りませんが、悩んでいる方にはオススメできる商品だと思います。

ただし、アルトバンにつくかどうかは不明です。

▽適合表▽
http://www.aisinaftermarket.jp/ja/sports-exterior/doorstabilizer/

▽商品▽

タイトルとURLをコピーしました