AT(オートマ)車で燃費を良くする走り方は「エンジン回転数を低く」

運転技術

こんにちは!

14年落ち・10万キロのRX-8がカーセンサーnetで60万円で売れたので、アルトバン(HA36V)を買って遊んでるシャコです。

YouTubeやってます!よかったらチャンネル登録おねがいします!

>ここからポチッとチャンネル登録<

 

AT車で燃費を良くするための走り方はどうすればいいのか知っていますか?

エンジン回転数を低くして、なるべく高いギアで走ることで燃費を上げることができます。

でもオートマチックだからギアは自動で変わりますよね。

高いギアで走るには、アクセルワークに秘密があるんです。

 

高いギアで走れるようにアクセルを調整する

車には何段かギアがあり、5ATとか6AT、CVTとか聞いたことありますよね。

同じ速度でも、ギアによってエンジン回転数が異なります。

 

燃費を良くするためには、エンジンの回転数を低くし、燃料の噴射回数を減らすことが基本になります。

エンジン回転数を低く(アクセルを踏み込まない)して走ることが、高いギアで走るためのコツなんです。

 

AT車はアクセルを少し踏み込めば勝手に加速していく

AT車の特徴として、自動でギアを切り替えてくれるという所があります。

たとえば、アクセルと3cmほど踏み込めば、勝手に1速→2速→3速と変化していき、時間がかかるものの法定速度まで加速することが可能。

逆に、アクセルをバン!と踏み込むとギアが下がり、ドカンと加速してくれます。

 

AT車は、ちょっと踏むだけでするすると加速してくれるのでアクセルを踏み込んだり戻したりするのは燃費に悪影響です。

なるべくアクセルを一定に踏みつけることで燃費は向上します。

 

速めにアクセルを戻すことで燃料カットになる

最近の車は電子制御で燃料噴射しているので、アクセルペダルを戻せば惰性でエンジンが回り、燃料を全く使わずに進むことができます。

前方の信号が赤になった時などは、すぐにアクセルから足を話して惰性で進めば、その感に移動した距離は全く燃料を使用しません。

手前から徐々に速度を落とすことで、かなり燃費は向上します。

 

燃費向上のおすすめアイテムの紹介

ATFに適量ブレンドするだけで、使用中のオイルを潤滑性能に優れた粘弾性オイルに改質!!

  • 燃費向上
  • 耐久性向上
  • シフトショックの改善
  • トルクコンバーターのスリップ現象の改善
  • ATFの劣化防止
  • スポーツモードAT (CVT含む)の反応時間短縮

に効果があると言われています。

 

純正交換タイプなのでどなたでも簡単に交換ができます。

エアフィルターは大気中のゴミやちり、汚れを濾過するためのもので、エンジン内部に入り込んでしまうとエンジンの出力低下等を引き起こしてしまいます。

また、エアフィルターを長期間交換していないと空気の流れが不安定になり排気ガスの有害物質が増えたり燃費が悪くなってしまいます。

 

エコOBD2はOBD2プロトコルに基づき、車の電子制御システム(ECU)をドライバーの癖に応じて再マッピング。

メーカー設定範囲内で最大性能値を引き出します。

最大15%の燃費改善が期待できるとのこと。

 

  • 燃料消費とオイル消費の大幅な減少
  • 排ガス中の有害物質の減少
  • エンジン内部パーツの寿命延長
  • 圧縮圧とエンジン出力の向上
  • より静かで滑らかなエンジン回転
  • ドライ(コールド)スタートからの保護
  • ターボチャージャーの保護
  • 酸化オイルによるエンジン内部腐食の激減
タイトルとURLをコピーしました