テスラ(電気自動車:EV)で燃費を良くする走り方は「時速60kmで走る」

運転技術

こんにちは!

14年落ち・10万キロのRX-8がカーセンサーnetで60万円で売れたので、アルトバン(HA36V)を買って遊んでるシャコです。

YouTubeやってます!よかったらチャンネル登録おねがいします!

>ここからポチッとチャンネル登録<

 

テスラ、流行ってますね。

Model S | テスラ ジャパン (tesla.com)

速いしカッコいいし安いし維持費もかからないし最強のパフォーマンスカーです。

 

テスラを筆頭に、電気自動車の燃費(電力消費)をなるべく少なくする走りをするには、時速60kmで走るのが良いそうです。

時速60kmで一定速度で走る

電気モーターで走るEVも、考え方はガソリン車とそう変わりません。

ノロノロ走るより、ある程度慣性で走れる速度のほうが燃費が良いのは同じ。

もちろん、経済速度もガソリン車と同じ60km前後なので、これを目安に走れば燃費を伸ばすことが出来ます。

 

ただし、テスラなんか加速が半端じゃないですから、踏むなというほうが難しいですが・・・

 

コースティングモードを活用して燃費を伸ばす

コースティングモードは、マニュアル車でクラッチを切った状態と同じだと思えばわかりやすいです。

EV車もこのモードがあるので、活用すると燃費を伸ばせます。

ただし、クラッチを切った状態と同じなのでエンジンブレーキは効かないし、高い速度領域だとタコ糸の切れた凧のように不安定なので使いどころを考えたほうが良いですよ。

 

節電のコツ

節電のコツは、充電中にすでに社内の気温を快適温度にしておくこと。

多くのEV車はスマホでコントロールできます。

 

寒い時期にヒーターを使うと当然、電力を使います。

なので、走り始めてから温めるより充電しながら車内を温めたほうが効率的なんです。

こうすることで、電力を何割か抑えることができます。

 

テスラの燃費を上げるコツ

  1. 加速する時はアクセルを全開にしない
  2. 電気を使わない状態を長く保つ

 

アクセルを全開にすると電気をより多く消費します。

しかし、アクセル全開の少し手前で止めておけば、そこまで加速感に変化が無く、燃費を上げることが出来ます。

 

また、MT車のようにコースティングモードを活用すれば燃費は伸びます。

その後、回生ブレーキを使って電気を回収すれば、電力消費を抑えることができます。

ただし、ブレーキを強く踏みすぎると摩擦ブレーキも使ってしまうので、電力としては損をしてしまうので注意。

 

テスラの燃費を向上させるおすすめアイテム

対応車種は様々

フィルムを貼ることでエアコン公立も良くなるので、必然的に電力消費を抑えることが可能。

電気自動車の必須アイテム。

 

駐車中の室内温度の変化を最小限に減らし、電力消費を抑えるアイテム。

ダッシュボードの日焼けなどの防止にも役立ちます。

専用設計の物は効率もよいのでおすすめです。

車の燃費を語るうえでタイヤを忘れてはいけません。

転がり抵抗の少ないタイヤであれば燃費は10%も変化が出るとか。

EV専用設計のものを選び、燃費向上に役立てましょう。

 

空気抵抗をなくすエアロパーツの装着も、燃費向上に役立てます。

見た目もよくなるものが多いので、好みに合わせて選ぶといいです。

また、純正より軽いものを選べば、燃費は向上します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

動画やSNSもよろしくお願いします!

 

タイトルとURLをコピーしました