縁石に近づきすぎてタイヤをガリガリ擦らないように駐車するコツはあるの?

運転技術

こんにちは!

14年落ち・10万キロのRX-8がカーセンサーnetで60万円で売れたので、アルトバン(HA36V)を買って遊んでるシャコです。

YouTubeやってます!よかったらチャンネル登録おねがいします!

>ここからポチッとチャンネル登録<

 

『ガリガリガリッ!』

車に乗っていたら1度くらいはやったことあるのでは?

縁石にタイヤを擦ってしまうことを。

 

運転席とは反対側のタイヤなので、目視できないので縁石から離れすぎたり、近づきすぎてホイールを削ってしまうことがあります。

そうならないための対処法をお伝えします。

 

縁石に近すぎても離れすぎてもクソダサい

縁石に沿って止める時、近すぎるとホイールをガリガリ削ってしまいますし、離れすぎると「あいつ、運転下手だな」と思われてしまいます。

うまい具合に縁石に寄せられる方法をお伝えします。

 

縁石になるべく近づけるには目印を決める

まず、交通量の少ない道路で車を縁石ギリギリに止めます。

何度も車から降りて、縁石から10センチくらいの所にタイヤが位置するように止めます。

そしたら、正しいドライビングポジションに座り、周囲を見渡して目印になるものが無いか確認します。

 

  1. フロントガラスの切れ目と道路の白線が一致する
  2. 左サイドミラーから見える白線の位置がどこか覚える
  3. 一度バックし、その目印に合うように駐車して確認する

 

この3つの工程を繰り返して、自分の車から見える景色で目印をつけることでできる限り縁石によれるようになります。

 

補助ミラーを付ける

サイドミラーに補助ミラーを付けることで死角をなくし、縁石に寄れるようにする方法もあります。

これ、結構よくて見た目さえ気にしなければほぼ確実に縁石に寄せることができます。

 

左のタイヤとボディに目印をつける

左のタイヤやボディの延長線上に目印をつけることができれば、簡単に車を縁石ギリギリに駐車することができます。

走行中に路面のくぼみや、小さな落下物を避ける時もこの感覚は非常に役に立ちます。

 

自分の感覚で合わせられるようになれば、ほかの車に乗っている時でも左側のタイヤがどこを通っているか予測できます。

この技術は地味ですが非常に役に立ちますし、失敗するとメチャクチャカッコ悪い事になるのでぜひ修得したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

動画やSNSもよろしくお願いします!

 

タイトルとURLをコピーしました