【ビルトインガレージ計画⑧】実際はどんな感じ?車を入れてみよう!

ガレージ

ネットで安く買ったパーツ…どこで取り付けたらいいのか分からない!

私はよくネットでパーツを購入するのですが、安くパーツを買っても取り付けてくれる所がありません。

正規ディーラーへの持ち込みは断られますし、カー用品店やガソリンスタンドは作業工賃がかなり掛かってしまいます。

だから私は近所の整備工場にお願いをしています。

ガソリンスタンドではタイヤ4本の持ち込み交換工賃が16,500円と言われたのに、近所の整備工場ではたった6,600円で済みました。

安く買ったパーツの取り付けに困ったらまずは近所の整備工場を探すべきです。

地域密着の整備工場なのでお得に、素早く、丁寧に対応してくれますよ!

無料で近所の整備工場を探すことができます!

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

こんにちは、貧乏なガレージライフ満喫中のシャコ(syako_garage)です。

 

▽youtubeやってます▽

 

 

 

ビルトインガレージの床材を選び終わり、ついにガレージが完成しました。

前回の記事はこちら▽

【ビルトインガレージ計画⑦】タイル?塗装?重量は?床材を考えよう!≫

 

今回、ついにガレージが完成したので報告します。

 

最終的なガレージの図面

私の家のガレージの図面です。

最終的なガレージ図面

簡単にこだわったところをお伝えしていきます。

 

●ガレージの広さはどうしたの?

まず広さですが、(当時)愛車のRX-8が余裕を持って入れる大きさで、かつこちらも愛車のバイク(250ccと50cc)が2台入れるスペースを確保しました。

延べ床面積は(奥)6,300mm×(横)5,400mmで、34㎡。

でも玄関の部分が少しガレージ内に侵入しており、この部分が2.43㎡。

この数字を引くと、ガレージとして使える広さは31.57㎡(9.56坪)ということになります。

 

もう少し広いと良かったのですが、土地の6分の1もの広さをガレージに使っているのでまぁ文句は言えませんね。

ちなみに、私が初めて一人暮らしした部屋(20㎡)より広いですw

 

●ガレージの防音・断熱はどうしたの?

ガレージの防音と断熱は、ウレタン吹付にしてもらいました。

▽ウレタン吹付▽

これは家の断熱材としても使ているもので、かなり優れた断熱材だそう。

本来、ガレージは屋外扱いなので断熱材は使わないのですが、無理言って施工してもらいました。

 

●整備する場所としてのこだわりは?

一応ガレージは「整備」と「展示」を兼ねています。

整備する場所としてのこだわりとして

  • 土間傾斜1%
  • 耐圧盤

を入れてもらいました。

 

傾斜1%とは、1m奥行きがあると、1cm高さが上がるということ。

勾配のイメージ

本来であれば、排水の為にこの傾斜を5%ほどつけるのですが、そうするとジャッキを掛ける時に不安定になると思い1%で限りなくフラットにしてもらいました。

台風の時はガンガン水が入ってきてしまいますが、特に不満はないです。

そして、耐圧盤を入れてもらい、重い車が入庫しても問題ないようにしています。

ガレージのこだわり3種

 

●ガレージの排気はどうしたの?

ガレージの排気は、窓を4か所と換気扇を装備することで解消しています。

換気扇についてはこちらの記事をご参照ください。

【ガレージ換気扇】Panasonic「FY-25LSG」レビュー|排気ガス対策に重要な換気システム
ガレージの換気扇Panasonic「FY-25LSG」のレビューと、換気扇にこだわりたいポイントをお伝えします。

 

窓を開けて換気扇を回すことで、窓から風が入り換気扇から出ていくというシステムです。

ガレージの排気図面

 

●床面は何で仕上げたの?

床面はABC商会のカラーコンクリートにしました。

ABC商会≫

 

完成したガレージに車を入れてみよう

そんなこんなで、ついにガレージが完成しました!

当時の画像でお楽しみください。

 

ガレージにRX-8を入れた

バイク置き場は外に完備

当時は床材もピカピカだった

 

ついにガレージが完成しました!

次はガレージの友「書斎」についてお話をしていこうと思います。

 

次回・【ビルトインガレージ計画⑨】書斎から眺めたり整備をしてみよう!≫

 

タイトルとURLをコピーしました