ソフト99

【合計660円】ブレーキキャリパーとローターを100均の商品で自家塗装する方法【超カッコいい】

アルトバン

12年落ちのRX-8ディーラーでは20万円、一括査定で見積もったらなんと60万円になりました!

メールで、1分で愛車の査定が分かります!

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

こんにちは!

RX-8をカーセンサーnetで売ってアルトバン(HA36V)を買って遊んでるシャコです。

YouTubeやってます!よかったらチャンネル登録おねがいします!

>ここからポチッとチャンネル登録<

 

アルトバンのブレーキキャリパーとローターを塗装しました。

その方法を簡単にお伝えします。

▽youtubeで詳しく解説しています▽


なんでブレーキを塗装するの?

純正のブレーキは見た目がダサい

純正のブレーキは見た目がダサいです。

オプションでブレンボのブレーキとかを選べればカッコいいブレーキになるのですが、純正は総じてダサいです。

やっぱりスポーツを嗜む車にとってブレーキはひとつのアピールポイントになると思うんです。

こんな感じにブレンボとかプロジェクトミューとかエンドレスなら超カッコいい。


スカイラインのブレーキキャリパーに関するカスタム・ドレスアップ情報[44件]|車のカスタム情報はCARTUNE

純正のブレーキでは華やかさが無いので、塗装して少しでも華やかに、かっこよく仕上げたい。

そんな思いでブレーキ塗装をする人が増えています。

 

安くドレスアップできる

ブレーキ塗装はそんなにお金がかかりません。

ブレーキキャリパーとローターを社外品に交換すると10万円くらいかかってしまいますが、ブレーキ塗装は3~5万円でできます。

しかも自分でやれば1万円以内でできちゃいます。

さらに、今回のように100均の塗料を使えば1,000円以内で塗装可能です。

このコスパが大きな魅力です。

 

ブレーキを清掃する

ステンレスのワイヤーブラシとブレーキクリーナー(パーツクリーナー)を使って汚れを落としていきます。

 

 

ブレーキをマスキングする

フロントブレーキ

【キャリパーのマスキング】

【ローターのマスキング】

【リアのマスキング】

 

【マスキングに必要なアイテム】

・車用マスキングテープ

車用じゃないと、油分で剥がれてきます。

特に100均のマスキングテープは粘着力が無いので、しっかりとしたテープを使用したほうが良いです。

 

塗装

下地塗装

ブレーキの表面は凹凸が多いので、足つけは不要です。

ブレーキは黒色がベースなので、そのまま希望の塗料(赤や青)を塗っても上手く発色しません。

だからグレーやシルバーなどの下地をしっかりと塗装します。

もちろん、下地塗料にサフェーサーを吹いても全然OKです。

結果、こんな感じになります。

本塗り

今回は赤で塗りました。

100均のラッカースプレーを使いましたが、高温になる場所なので耐熱塗料の方が安心です。

でも100均の塗料より20倍も高いですし、お金もないしアルトバンのブレーキはそんなに発熱しないので普通のラッカースプレーを使用しました。


1本100円です。

安さを重視するならこっちのほうが良いですね。

 

ブレーキは耐熱塗料じゃなくても大丈夫?

ちなみにラッカースプレーをブレーキの塗装に使うと以下の問題が起きる可能性があります。

  • 塗装剥がれ
  • 塗装はげ
  • 脱色

まぁ100均の塗料だから耐久性はそんなに高くないと思います。

ただ今までもAE111レビン・RX-8に100均の塗料を塗ってきましたが、正直言ってキャリパー塗装用の耐熱塗料の必要性は感じません。

ハードな走りをする方は、専用の耐熱のほうがいいかもしれないけど、実際にサーキットをRX-8で走ったけど燃えるとか特になかったです。

そんな心配をしてる人って、実際にブレーキ塗装したことない人が多いので無視してOK。

 

むしろここに100均の塗料で実際に塗った人がいるので、ぼくを信じたほうが信ぴょう性は高いと思いませんか?

もし 心配だったらブレーキキャリパー用の耐熱ペンキを使った方がいいけど、ぼくは使いません。

高いし。

 

完成

塗料を塗り終わりました。

クリアは吹いていません。

なかなかキレイに塗れるでしょ?

 

どんな塗り方をしかたは、動画をご覧ください。

普通に塗っただけですけどね。

ローターは塗っても良いの?

この動画ではローターも塗っています。

そうすると、いろいろなアドバイスを頂くんです。

  • ローターを塗るとよくない
  • 発火の恐れがある
  • ブレーキ性能が低下する

まぁ言いたいことは分かります。

でも特に問題ありません。

 

塗装し終わったら完全に乾くまで(24時間がベスト)放置し、その後普通に走りに行きます。

あまり速度を上げず、ブレーキを何度か踏んでいくとローターの塗料がパッドとの摩擦により削られていくんです。

完全に自己責任になるのですが、別にローターまでマスキングする必要はないと思います。

 

ブレーキ塗装から3か月経ちました

ブレーキ塗装から3か月がたちました。

走行距離は1100kmです。

その時のブレーキの塗料がこちら

【フロント】

【リア】

 

どうでしょう?

多少汚れはしていますが、塗装が剥げているとか色落ちしているという事はありません。

つまりラッカースプレーでもカッコよく、安全に、安く塗装ができるんです。

もう3台塗ってますからね。

ラッカースプレーや100均の塗料はダメだ!という根拠が無いんですよ。

 

まとめ

車のブレーキを塗装するとかなりイメージが変わります。

もちろん、かっこよくなる方向に進化するので、時間はかかりますがぜひ自分で塗装していただきたいです。

自分で塗装できない場合は、お店で塗装できる場合があるので近所の板金屋さんとかに頼んでください。

その場合、4~6万円かかるようです。

 

また、ブレーキは安全保安部品なので、ラッカースプレーは怖い…と思うかもしれません。

そんな方は、より安全・安心な耐熱塗料をお勧めします。

耐熱塗料なら燃える心配もないし、安全です。

 

タイトルとURLをコピーしました