【比較】86とRX-8だったらどっちがいい?手ごろなスポーツカー対決!

整備

【どこで車検を通そうか?と、お悩みのあなたに朗報!】

22,000円も安く車検を受けられる!

ホリデー車検は不要な整備を省くことでリーズナブルな車検を提案します。
整備士すべてが国家資格を有しているため、安心して車検を任せ!

インターネットで24時間受け付けているのも魅力的です。

RX-8には夢が詰まっている

 

  • スポーツカー
  • なのに家族が4人乗れる
  • 中古相場が安い

 

スポーツカーに乗りたい人も、家族がいる人にもお勧めできるスポーツカーがRX-8である

86もスポーツカーとしてはなかなかの素材だが、家族がいるとなかなか手を出しにくい

ここでは、86とRX-8を比較しながら、いかにRX-8が優れているかをお伝えする

※この記事は、元愛車がRX-8の人間が書いていますので、偏見はありますのでご了承ください

 

RX-8は家族が4人乗れる!86は乗れない

RX-8は家族4人が乗れる

  • もちろん、ミニバンや普通乗用車よりは狭い
  • 最近の軽自動車より狭い

それはスポーツカーという分類上仕方のないことだ

 

しかし、スポーツカーの中では圧倒的に広い

  • トヨタ86
  • 日産 フェアレディZ

そんなスポーツカーの中でも最高クラスに広い

86の後部座席なんて、大人はとても座っていられないが、RX-8であれば大人と子供が後部座席に座って2時間のドライブだって問題なかった

 

ドアだって4枚ドアだ

2枚ドアで後部座席に乗る為に、運転席を倒して乗り込む必要は無い

 

この誇らしげなスタイル。

どこに行っても注目の的である。

 

大人4人の旅行も1泊2日程度なら可能だ

これが86だったらそうはいくまい

RX-8だからこそなせる技だ

 

 

RX-8も86も維持費はほとんど変わらない

RX-8のエンジンはロータリーエンジンだ

ロータリーエンジンといえば、ひと昔前までは

  • 耐久性が無い
  • お金が掛かる
  • 燃費が悪い

と言われていた

 

しかし、RX-8に積まれているロータリーエンジンは新開発されたレネシスというエンジンだ

様々な改良を進めた結果、耐久性と低燃費を手に入れた

 

ターボも廃止され、圧倒的に壊れにくくなった

年間維持費は2000ccクラスの車とほぼ変わらない

燃費も、RX-8は9km/Lくらいだが、86だって11km/Lくらいでさほど差はない

 

詳しくは燃費記録を参考にするとよろしい

 

自分の乗っていたRX-8は大きな故障はない

エンジンオイルも半年に1回の交換だ

車検は1回12万円くらいかかるが、メンテナンス込みなのでいいだろう

 

これだけは知れて、故障も少ないのであればロータリーエンジンだからとビクビクする必要もない

むしろ誇っていい

 

馬力はRX- 8は250馬力、86は200馬力

馬力は普通の車より高く、高出力だ

86も1000ccあたり100馬力を超えているので十分だと思う

でもRX-8は前期型で250馬力、後期型でも235馬力なので、やや優勢である

 

トルクが無いと言われているけど、実はRX-8は22.00kgf・m/5,500rpmもある

86は205N・m (20.9kgf・m)/6,400-6,600rpmだから、むしろRX-8のほうが高い

 

中古車相場はRX-8は高くなってきた、86も値下がりしない

中古車相場はかなり安かったが、徐々に値を上げてきた

今からRX-8を買うなら、2008年以降のモデルにすれば後期型が買える

ちなみに86は2016年7月にマイナーチェンジをしている

 

RX-8のスピリットRはべらぼうに高いので、タイプRSをおすすめする

86の場合はGグレードがおすすめ

もちろん、RX-8も86もATがある

 

  • RX-8:2011年式・3.8万キロ:230万円
  • 86:2016年式・2.8万キロ:228万円

<ガリバーの中古車を見る≫>

 

壊れたら簡単に直せるRX-8

RX-8のエンジンが壊れたらオーバーホールといってエンジンを修理することができる

もちろん、普通の車でもオーバーホールは可能だが、ロータリーエンジンは部品点数が少なく、単純な構造をしているので修理代が安い

 

通常、80万円前後するオーバーホール費用が、ロータリーエンジンだとエンジン脱着工賃込みで35万円~となっている

 

壊れても直せばいいという考えで買うのも悪くない

86のオーバーホールは約60万円らしい

RX-8が35万円とかんがえるとやはり高い

 

RX-8も86もドライビングテクニックを磨ける

これは家族には関係のない話だが、サーキット走行がノーマルでも可能である

後部座席もあるので、タイヤや工具も十分入る

この点は、RX-8も86も変わらない

 

ただし、積載性はRX-8のほうがやはり上だ

自分は、サーキットにタイヤ4本積んで出かけている

それでも、助手席に1人乗れるからすごい

86では助手席にもタイヤを1本置かなくてはならないし、2人乗りのフェアレディZはタイヤ4本積むのも困難だろう

 

  • 家族を持ってるから家族も乗せなきゃならない
  • でもスポーツ走行で遊びたい
  • しかし、車2台は持てない
  • お金もそんなにない

 

そんな人のニーズをピッタリと叶えてくれる車がRX-8である

普段使いから趣味活動まで幅広く働いてくれる1台であることに間違いない

 

なぜ今RX-8がアツいのか

なぜRX-8のコンテンツを今立ち上げたのか

RX-8はすでに販売終了している

ということは、すでに新車では手に入らない、つまりほとんどが中古車だということ

 

中古で購入したなら、それなりのリスクがあるのも承知のはずだ

そんなRX-8を選んだ人の役に立つコンテンツが必要ではないかと思って、RX-8の記事を書き始めた

 

今だからこそ、このような記事が必要である

世のロータリーファン、RX-8ファンにとどき、これからRX-8で楽しいカーライフを営んでいく人に向けて、情報発信をしていく次第である

ちなみに、86も好きだという事を最後に告げておく

 

タイトルとURLをコピーしました