【DIY】バンパー傷を自分で直す手順と方法【動画解説アリ】

整備

【どこで車検を通そうか?と、お悩みのあなたに朗報!】

22,000円も安く車検を受けられる!

ホリデー車検は不要な整備を省くことでリーズナブルな車検を提案します。
整備士すべてが国家資格を有しているため、安心して車検を任せ!

インターネットで24時間受け付けているのも魅力的です。

こんにちは!

14年落ち・10万キロのRX-8がカーセンサーnetで60万円で売れたので、アルトバン(HA36V)を買って遊んでるシャコです。

YouTubeやってます!よかったらチャンネル登録おねがいします!

>ここからポチッとチャンネル登録<

 

バンパー傷の補修はお金がかかります。

板金屋さんに頼んだら10cm四方の傷であっても2~3万円は覚悟しなければなりませんね。

でも自分でやれば2000円以下で直すことも可能!

意外と簡単なバンパー傷の補修手順を解説していきます。

▽解説動画はこちら▽

バンパー傷の補修に必要な道具

タッチアップペン

※自分の車にあったカラーの物を検索してください
※必須

うす付けパテ

※傷が深い場合に使用します。
※必須

 

耐水紙やすり

※#240~#800くらいまであると便利です。
※必須

下地塗装

※グレーまたはシルバーが無難です
※なくてもいいけどムラが出ます

99工房:エアータッチ

※これがあると無いとでは仕上がりが全然違います
※なくてもいいけどムラが出ます

液体コンパウンド

※光沢のある塗装面になります
※なくてもいいけどムラが出ます

仕上げクリア剤

※光沢のある仕上がりと紫外線などの劣化から守ります。車用を使いましょう。
※なくてもいいけど光沢が無いので自家塗装したのがバレバレになります。

 

バンパー傷の修理手順

①傷を耐水ペーパーで均す

バンパー傷はザラザラしているので、耐水ペーパーで平らにしていきます。

指で触ってツルツルになればベストですが、ある程度残っていても良いです。

パテで埋めますから。

#240の耐水ペーパーで大まかに削ったら#600で平らにしていきます。

 

②パテを塗り、耐水ペーパーで削る


ボコボコの傷はうす付けパテで埋め、耐水ペパー(#600)で削って平らにしていきます。

この時、爪でひっかいても引っ掛かりが無いようにしてください。

何度も繰り返しパテ→研磨をして平らにしていきます。

だいたい2~3回繰り返せば平らになりますよ。

 

③マスキングをする

マスキングテープと新聞紙を使って塗装面以外を防御します。

傷より少し広範囲にマスキングし、かなり広い面積を防御します。

スプレーは結構悲惨するので、マスキングはとても重要です。

お金に余裕があれば専用品を使いましょう。

ビニール付きなのでとても便利です。

 

④下地塗装をしていく

下地はそんなにベッタリ塗らなくても大丈夫。

黒いプラスチック下地が見え無くなればOKです。

心配ならこの時点で#1000の耐水ペーパーで削っておくと仕上がりがさらに良くなります。

 

⑤本塗装をしていく

薄く4回くらいに分けて塗っていきます。

1回塗る→15分乾燥を4回繰り返します。

終わったら#1000の紙やすりで軽く削るときれいにし上がります。

 

⑥クリアを吹く

クリアはちょっと厚めに吹きます。

2回くらい吹けばいいと思います。

 

⑦乾く前にマスキングを外す

塗装が渇く前にマスキングを外します。

そうしないと乾いた塗料も一緒に剥がれてしまうので。

 

⑧24時間後、コンパウンドで磨いて完成

完全に乾いたらコンパウンドでしっかりと磨いてあげます。

相することで塗装の堺が分からなくなり、いい仕上がりになります。

 

ビフォー

アフター

プロ並みとは行きませんが、十分でしょ?

かかった費用:4000円弱
かかった時間:(失敗を含めて)2時間半(24時間乾燥時間は含まない)

ぜひ自分でバンパー傷の補修くらいはチャレンジしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

動画やSNSもよろしくお願いします!

 

タイトルとURLをコピーしました